愛知のインプラント治療なら瀬戸市のベル歯科へ
HOME>歯ロー bell dental Blog

歯ロー bell dental Blog

骨移植(こついしょく)
骨移植とは、インプラントの手術時にアゴの骨が薄い場合、他の部位から採取した骨片を移植し、骨のボリュームを出すことをいう。採取する部位は、下顎枝 部・上顎結節部・オトガイ部・腸骨、上下顎臼後部、頸骨等から採取されることが多い。インプラントにおいては、埋入部分の骨を増大させる方法として行われ ます。
投稿者 ベル歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
骨造成(こつぞうせい)
骨造成とは、骨を増やすことをいいます。従来から行われている骨造成の方法としては、骨の自家骨移植、GBR法などがあります。
投稿者 ベル歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
根管(こんかん)
根幹とは、歯根の中軸にある管状の部分。象牙(ぞうげ)質に囲まれていて歯髄(しずい)が詰まっています。
投稿者 ベル歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
根管治療(こんかんちりょう)
根管治療とは、歯根の中にある神経(歯髄)の治療のことで、根管外への感染源を除去する治療です。根管は本来無菌状態にありますが、むし歯の放置等によ り、根管内が細菌に感染し、歯髄が死んでしまう場合があります。死んでしまった歯髄は取り去るために、 歯の内部(歯髄腔)を清掃し、防腐的材料を先端(根尖孔)まで充填(根管充填:こんかんじゅうてん)します。根管治療には、抜髄を治療する抜髄処置と、根 の先を治療する感染根管処置があります。
投稿者 ベル歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
アバットメント(あばっとめんと)
インプラントは、一般的に歯冠にあたる「上部構造」と歯根にあたる「フィクスチャー(インプラント体)」で構成されています。アバットメントとは、フィク スチャーをインプラントに固定するための支台装置のことです。
投稿者 ベル歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お問い合わせ

御質問・御相談はこちらTEL:0561-88-2277

フォームでのお問い合わせはこちらから

ご質問・ご相談等ありましたら
お気軽にご相談下さい。

御質問・御相談はこちらTEL:0561-88-2277